ISHIMO PICKS

2020-07-14から1日間の記事一覧

買主の救済

売主の担保責任 〇民法では売主が担保責任を負わない契約は有効 →ただしこの場合でも売主が知っていたのに買主に告げなかった事実については無効 〇宅建業法(売主宅建業者、買主一般人)では担保責任を負わない特約は無効。 〇買主は契約の内容に適合しない…

危険負担等

危険負担 売買契約の成立後に当事者双方の責めに帰すことができない事由(自然災害)などで 債務の履行ができなくなった場合、買主の債務は消滅しない、が、代金の支払いを拒むことはできる。 ※売買成立前に目的物が消滅していても契約は有効となる。 →なぜ…

債務不履行

債務不履行 金銭債務の債務不履行における遅延損害金は3%または約定利率のうち高い方 2重譲渡された場合、先に登記をしたものが所有権を主張できる。もう一方は債務不履行により損害賠償請求を行うことができる。 損害賠償 予定額があらかじめ決められてい…

時効

時効 専有開始の時点で善意無過失・・・10年 専有開始の時点で悪意有過失・・・20年 ※相続の時も同様、相続時点で被相続人の所有物だと思い込み専有を開始した場合は時効取得が可能 時効は契約であらかじめ放棄することはできない。 時効の停止 支払督促・・…