ISHIMO PICKS

2020-07-20から1日間の記事一覧

委任

委任 委任契約は委任者・受任者どちらからでもいつでも解除できる。 相手方に①通知するかまたは②相手側がこれを知っているときに解除できる。 ただし、相手方に不利な時期に委任解除を行う場合、損害賠償責任を負う場合がある。 委任者の、死亡、破産手続き…

不動産登記法

不動産登記法 1か月以内に登記の申請が必要なもの ①新たに生じた土地または表題登記がない土地の所有権を取得したり、新築した建物や表題登記がない建物の所有権を取得した場合 ②地目、地積、建物の構造や種類を変更した場合 ③土地や建物が滅失した場合 登記…

区分所有

区分所有法 共有者は議決権を行使する人を1人選任しなければならない 管理人の選任は区分所有者以外でもOK 保存行為→単独で可能 (電球を取り換えるなど) 管理行為→過半数の集会決議で決める (エレベーターに損害保険を付ける等) 軽微な変更→過半数の集会…

共有

共有 管理行為(賃貸借契約の解除等)→過半数の同意が必要 各共有者は原則いつでも共有物の分割の請求が可能 →共有者全員の意思に5年間共有物を分割しない契約をすることもできる。 共有者の一人が死亡し、かつ相続人もいない場合→他の共有者に帰属する。

相続

相続 相続の放棄・・・代襲相続も不可 (相続を放棄すると、相続権は子には代襲しない) 相続人事由の欠落・・・(相続の遺言に脅迫をするなどして書かせるなど)代襲相続は認められる。 相続の第一順位→子 相続の第二順位→親 相続の第三順位→兄弟 ※第二順位…