ISHIMO PICKS

37条:契約書面

37条書面

・交付は契約が成立した後

・自ら貸借の場合は「取引」に該当しないので書面の交付は不要

宅建業者宅建業者ではない売主から宅地建物を購入した場合は

購入者である宅建業者が37条書面を交付しなければならない。

→売主の宅建業者Aが宅建業者Bの媒介により契約する場合AもBも契約書を作成する。

記載事項

必ず記載するもの

・代金の額、支払い時期は37条記載事項(必ず記載)

・宅地建物の引き渡しの時期

→代金の額や支払い時期や引き渡しの時期は35条記載事項ではない

売買や交換の場合は移転登記の申請の時期

売買や交換の場合は建物の構造耐力上主要な部分の状況について当事者双方が確認した事項。

・当事者の氏名や建物の特定に必要な情報

定めがあるときに記載が必要なもの

・契約日解除について定めがある場合、その内容

・天災その他不可抗力による損害の負担の定めがある場合はその内容

・賃金のあっせんについて定めがある場合その内容

・損害賠償の予定額や違約金に関する定めがある場合その内容

賃借以外の金銭の授受については35条記載事項