ISHIMO PICKS

債務不履行

 債務不履行

金銭債務の債務不履行における遅延損害金は3%または約定利率のうち高い方

2重譲渡された場合、先に登記をしたものが所有権を主張できる。もう一方は債務不履行により損害賠償請求を行うことができる。

損害賠償

予定額があらかじめ決められている場合は、実際の損害額がいくらであれ、予定した金額が損害賠償額となる。

弁済

弁済をするについて正当な利益を有する第三者・・・債務者の意思に反しても弁済可能

受領権者以外に行われた弁済→原則無効

受領権者の外観を有するもの→善意無過失であれば有効

債権者が弁済の受領を拒んだときに限り、目的物を供託することで債権の消滅が可能。

相殺

 敷金の返還を請求できるのは建物の明け渡し後

■AがBの悪意により不法行為を受けた損害賠償請求権を要する場合

B(加害者)から相殺請求はできないが、A(被害者)からの請求は可能。

時効により債権が消滅した後であっても、弁済期が来た時点で有効な債権であれば

相殺は可能

原則:自働債権が受働債権の差し押さえ後に成立した場合は相殺できない。

解除

A-B間の債務不履行により契約が解除された場合で、転売された取得者(C)は登記していた場合、解除権者(A)に対して所有権の主張をできる。

原状回復して変換するときは

①金銭で返す場合・・・利息を付ける

②もので変換する・・・その期間中に得た利益(駐車場代)なども返還する。

 

債権譲渡

二重譲渡の場合は確定日付のある証書が先に到達した方が優先される。

譲渡制限の意思表示がある債権の譲渡は悪意重過失でも成立する。

→譲渡人に対して弁済またはその他債務を消滅させることで、譲受人に対抗すればいいから。

債権の譲渡の成立要件①譲渡人から債務者に対する通知②債務者の承諾

→譲り受けた人が通知するのではない。

譲受人が第三者に対して自分が債権者であると主張するためには

①確定日付のある証書による債務者の承諾

②確定日付のある証書による譲渡人から債務者への通知